Home 暗号プロセッサ OpenICF3

運用結果

試作によって得られた結果を随時更新していきます。

2017年7月18日、試作のハードウェアが完成し電力計測できるようになった。

2017年8月8日、電力計測基板を2個追加、同時に3か所の電力計測が可能になった。

2017年8月9日、天候は晴れ。早速、計測した。
某メーカーのノートパソコンで全力で計算、約36Wの消費電力だ。 満充電で、バッテリーへのチャージ電流がゼロになるように、制御することを基本にしている。 雲が一瞬かかってパネルの発電量が下がるとバッテリーから電力を取り出す方向になって、 電流値がマイナスになるが、ある程度、マイナスが続くとバッテリーの電圧が下がり、 チャージコントローラが、余力のある限り、チャージしようとする。 IoTのコントローラよりも、俊敏なため、IoTのコントローラの制御ソフトが楽になるのかも。 引き続き実験を継続。

バッテリーが経年劣化しても、チャージコントローラに任せられるのかは、考えないといけない点かも。チャージコントローラが満充電と判定する条件を考える必要があるのかな。

2017年9月11日、一度中断していたが再開。
しかしIoTコントローラが2つつづけて起動不能に。 これまで起動不能になったIoTを仮想通貨で売りに出しました。
壊れたOrange Pi Zeroの3個セット

2017年9月11日。新しいRaspberry Pi Zeroで稼働させました。

VORKE V1というmini PCを購入したので消費電力を測定。 VORKE V1の電源は12V or 19VだったのでチャージコントローラのLoadの電圧、14.5Vでも大丈夫なのか、 Webサイトのフォームから問い合わせたがOKという返事があったため、喜んで試したが、VORKE V1は起動しませんでした。 しかたなく12V-12Vの安定化回路を通してVORKE V1に接続した。アイドルで4.6W、最大9.3Wの消費電力でした。 う、これではCPUの負荷で消費電力をコントロールするには、幅が足りない、、、。というところで本日は終了。